免責期間と具体的な特徴|投資を初心者で成功させるには|未来を牛耳る

投資を初心者で成功させるには|未来を牛耳る

婦人

免責期間と具体的な特徴

模型

賃料免責期間に注意する

サブリースの契約前に管理会社や請け負っている会社が賃料免責期間を設定しているかどうか、必ず確認してから契約をしてください。賃料免責期間とは、不動産業者が所有しているオーナーに対して賃料を支払わない期間とされ、設定している場合は平均的に、1か月から3か月程度期間を設定しています。しかし、管理会社の中には空室が出るたびに賃料免責期間を設ける企業もあるため、収益につながらない可能性があり、何のための不動産運用なのかがわからなくなります。そこで、サブリースの契約書をよく読み、賃料免責期間を設けていない企業や、空室が出るごとに期間を設けるリスクの高い企業を避けて契約してください。信頼性の高い企業との契約によって、安定した収益を毎月手に入れられるようになります。

単純に言えばまた貸し

サブリースとは単純に言えばまた貸しを指し、不動産オーナーが不動産管理会社に部屋を貸して、さらにその不動産業者が入居者と賃借契約を結びます。特徴としては、一般的な賃借契約と異なり空室や家賃滞納がなく、中長期的に安定した収入を手に入れられることが第一のポイントです。また、不動産会社が建物ひとつを全て借り上げて、入居者に一部屋ずつ賃借契約を結ぶことも、特徴の一つといえます。一定期間ごとに契約内容を見直せるので、サブリースだけでなく、新たな賃借形態を考えたいときなどにも大きく役立つのが特徴です。不動産業界では新しい不動産運用として、資産運用の一環と考えている人も少なくなく、顧客に勧めている企業も増えてきました。